お店のようなもつ鍋を作ろう⑤

SITE MENU

もつ鍋よくばり情報館

もつ鍋MAINimage

本場風!?まるでお店のような美味しいもつ鍋レシピをご紹介!

お店のようなもつ鍋を作ろう⑤

美味しいもつ鍋を食べるには、しっかり下処理をすることと、材料の切り方がポイントです。

今回は家庭で再現できちゃう専門店の味、博多風塩もつ鍋のレシピを紹介しちゃいます!だいたい3~4人分のレシピになります。

【材料:具材】キャベツ1/2玉、もやし2袋、ニラ1束、牛白もつ(小腸)400~500g、乾燥にんにくチップ適量、白ごま適量、輪切り唐辛子、粗引き黒こしょう適量。

【材料:スープ】水又はお湯1000ml、和風だしの素1袋8g、鶏ガラスープの素大さじ2、塩(できれば岩塩)小さじ2、しょうゆ小さじ1。

1:もつのヌメリや臭いが気になる場合はしっかりと下処理をしましょう。

2:鍋にスープの材料を全て溶かしていれておきます。

3:その上にざぐぎりにしたキャベツを敷き詰め、真ん中にもつを置き、平らに敷き詰めます。

4:ザルで軽く洗い水気を切ったもやしをその上に盛り、乾燥にんにくチップを適量ちらします。

5:だいたい7cmくらいに切りそろえたニラを横一列につみ、中心部にごま・輪切り唐辛子をのせ、粗引きこしょうを適量くわえましょう。

6:鍋を強火にかけると野菜の水分が出てくるのでスープが増えてきて、キャベツがしんなりとしてきたら食べごろです。

7:お好みで豆腐やごぼうを加えても美味しいですし、ワンタンの皮をのせ、具材を包んで食べるのもおすすめです。

8:〆は中華麺がおすすめです!

具材の盛り付け方ひとつでもお店のような雰囲気になります!

もつ鍋はしっかりと出汁がでているので雑炊にしてもとっても美味しいですよ!